窓から流れ込む冷気は、部分的に断熱性が低く外気の冷たさが伝わりやすいのが理由で、例えるなら冷凍庫のドアが少し開いていてそこから冷気が流れ出るイメージです。防寒をするならこのドアを完全に閉じることが重要で、窓であれば隙間風をなくすことが重要だといえます。勿論、ガラスやサッシの断熱性も防寒対策には必要不可欠ですから、面と線で考えて両方の対策をすることが大切です。面における窓の防寒対策は、発泡スチロールの板やプチプチ、壁用の断熱材などをガラス面を覆うように設置するのが効果的です。

見栄えや設置の難易度などの理由でこれらの資材を使うのが難しい場合は、透明でダンボールのような構造のプラスチックの板をDIYで設置するのがおすすめです。窓の防寒を線で取り組むポイントは、サッシ部分の隙間を埋めることで、市販のスポンジテープを貼るだけでも違ってきます。スポンジテープを貼るのは戸当りとサッシのスライド、窓の合わせといった部分で、開閉に影響しないように貼ることが大事です。寒くなってくるとテープの粘着力が低下して剥がれやすくなりますから、防寒対策は寒さが本格化する前に済ませてしまうのが望ましいです。

理想的なのは夏が終わり暑さが落ち着いた頃で、ガラスやサッシの汚れを綺麗に落としてから、丁寧に資材を貼ったり設置する作業に取り組むことです。隙間があるとそこから冷気が流れ込んできますから、焦らず丁寧にしっかりと対策に取り組み、本格化する寒さに備えることが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です